MeME AD.3939

ぷりっきゅあっ ぷりっきゅあっ♪
MAX HEART!! 

みなさんこにゃにゃちわ! お盆休み終わってテンソンだだ下がりのぽえみーです。
こんな時はステキな歌を聞くに限りますね。カヲルくんも「歌は文化の極み」と申しておりましたし、今日はステキなボカロ曲を紹介したいと思います。

訪問者の9割が身内であるこのサイトにおいて今さらシレッと紹介するのもなんだか微妙な気分ではありますが、ぽえみーが大変お世話になっている&仲良くさせて頂いているMIRAGE-WAVEの城井隆京さんのボカロ処女作です。

ボカロ曲というと可愛いor電波路線、しっとりバラード路線、ジャキジャキギターの爽やかカッコ良い路線などが人気作に多いですが、MeMEは腹にズンとくる感じのカッコ良い路線で、あまり他で聞いたことのない感じのボカロ曲です。かっけぇです。正直もっとエグいのが来るかと思ってましたが予想以上にキャッチーで何度も聞きたくなりました。
一枚絵もとてもカッコいいです。初音ミクの絵でこれまた珍しい路線。曲を聞いて絵を見るとまたいっそう味わい深いと思います。
アップ一日目で余裕の100位圏内ですし、これはいい線いくのでは・・・。ぽえみーも非常に楽しみにしています。

城井さんのページにもありますが 再生数が1000行かなかったら罰ゲームな!という設定をしていたのですが、ハハ、さすがに1000は弱気すぎだったと思います。結果を見て言うのもなんですが、もう2桁足してもいいと思ってましたよ! 二人でMax Heart をデュエットするのも、それはそれで微妙に面白そうでした・・・ 再生数伸びたのは嬉しいですが微妙な寂しさもありますねw

話が猛烈に横にそれますが、男二人のデュエットでふと思い出しました。
学生の時に友達が配属された卒研室で、担当教官が「合唱同好会を作りたい」とか言い出したんですね。先生なのに。そんで、まぁ職権乱用といいますか、配属された男子学生5人全員を半ば強制的に同好会に入れさせたんですよ。まぁ本人も強制とは言わなかったものの、卒研の担当教官となると人間関係を良い感じにしておかないと後々の進路に響きかねないですからね。頼まれたら普通ことわれないです。全員、黙って同好会入りしたんですけど。なぜかその時教官が選択した課題曲が、「美少女戦士セーラームーンR」のエンディング曲にして名曲「乙女のポリシー」。

これはどう考えてもマジキチです。
授業が終わると同好会室(兼、研究室)に集まり「乙女のポリシー」を合唱する男子学生5人・・・教官(おっさん)はピアノで伴奏。なんかの儀式みたいです。怖いわ!
今時学校の先生がそんなことやらかしたらパワハラ相談室に直行モノだと思うんですが、まぁ時代なんでしょうか。 みなさん我慢して続けてました。彼らホント大人だったなぁ。偉いなぁ。

無事卒業後はみなそれぞれそれなりにちゃんとしたところに就職し、まぁおそらく今も上手くやっていると思います。あるいは、同好会を通して学んだ大人のルールというやつが役にたったのかもしれませんね。生きることはいつだって損ない続けることなのです。人生って悲しいや。

話が少々それましたが、みなさん「MeME」はオススメです。ぜひ聞きましょう。
今後も城井さんの活躍に期待してます。
(そしてたまにはかまってね

 


物事はシンプルに考えましょう、みたいな風潮

設問1.
「キリンを冷蔵庫に入れるにはどうしたらいいですか?」

有名な話ですが、これはアメリカのとある有名企業の入社試験に使われた問題なのだそうです。先入観によって物事を難しく捉え、複雑にしてしまうとこの問題はとけません。
考えはシンプルでなければなりません。この設問にたいする答えは

「冷蔵庫の扉を開け、キリンを入れ、扉を閉める」

です。シンプルですね!

ってそんなわけあるか~い!

こんなペテンでもって、「おめーら物事を難しく捉えすぎなんだよ」みたいなことをドヤ顔で言う人間ことをは信用してはいけません。ジョークとしては悪くないですが、なんかこう、頭悪いなぁという気がします。

別に「キリンが入る冷蔵庫なんかねーよ」とか「どうやってキリンをそこまで動かすのよ」なんていうツッコミを入れたいわけじゃあないんです。

なんで、「扉を開け」「扉を閉める」必要があるのか。必要あると決めつけているのか。そこが納得できません。

少なくとも「キリンを入れる」のですから、キリンを入れた時点で作業完了、扉を閉める必要がどこにあるのでしょうか。冷蔵庫の扉をあけっぱなしにすると、主にカーチャンなどからお叱りを受けますし、「冷蔵庫に物を入れる」と言われたら普通は扉を閉めるところまでを指すという理屈はわからなくもないです。しかしそもそも、この冷蔵庫に扉があると決めつけている根拠はなんなのでしょうか? 自動ドアかもしれませんし、コンビニにあるような開放型冷蔵庫かもしれませんし、最初から扉は開いているかもしれません。

「冷蔵庫に物を入れるのは扉を開け閉めするのが当たり前だろ」と言うのなら、「そもそもサイズ的に冷蔵庫にキリンは入らない」とか「キリンをどうやってそこまで移動するのか」という当たり前の問題をサクッと無視していい理由は一体なんなのでしょうか。自分の用意した答えに都合のいい前提条件だけを勝手に自分で付加しておいて「コレこそがシンプルな答えである」みたいな論調で物をいうのはどうなんでしょう。

そういうわけで「扉の開け閉め」も、本質とは関係ない部分とみなして切り離しますと

Q.冷蔵庫にキリンを入れるには?
A.冷蔵庫にキリンを入れる

まっこと馬鹿馬鹿しいですね(嘲笑)
前提条件を決めずにHowを問うのはそもそも不毛なんですよ。

このクイズは続きがあります。

設問2
「その冷蔵庫にゾウをいれるにはどうしたらいいですか?」

答えは、
「冷蔵庫を開け、キリンを出して、ゾウを入れ、冷蔵庫を閉める」
だそうです。

ここでまた失笑ですよw
牛乳が入っている冷蔵庫にジュースを入れるときに、まずは牛乳を取り出す必要がどこにあるのでしょう。設問1で冷蔵庫やキリンのサイズを度外視しているにもかかわらず、なぜ設問2では「キリンを取り出さないとゾウは入れられない」みたいな話になっているんでしょうか。
この質問は記憶力を試すためのものらしいですが、記憶力を試されるべきなのは、自分の出した設問の前提条件すら忘れて問2を作る出題者の方だろう、と思います。

さて、設問1から、この問題について最適な答えを考えてみます。

『まずは高さ7mの冷蔵庫を建造する。キリンの生息地であるアフリカまで運び組み立てることを考慮し、分解・組立可能な設計とする必要がある。アフリカでの電源確保手段は別途検討する必要があるが、設問は冷蔵庫が稼動状態にあることを規定しておらず、省略してもよい可能性もある。一般的に冷蔵庫に入れるといえば「冷やす」ことを目的とするため電源の確保は必要と思われるが、設問の要求事項が不明確であるため電源の要否については現時点で不定とする。速やかに担当者に問い合わせると同時に、可能であれば本件のRFP提示を要求する。次に、キリンの調達方法について・・・』

・・・うん。
まぁ思うに、やはり自分は少々「複雑思考」の傾向がちょっぴりあるような気はしてきました。

最後にぽえみーの作ったクイズで締めくくろうと思います。

設問3
アンパンマンの世界に、バナナの頭をもった新しいヒーロー「バナナマン」がやって来ました。
(某お笑い芸人は関係ありません)
バナナマンは、アンパンマン同様心優しく献身的な性格でしたが、登場してしばらくの後にに逮捕されてしまいました。その理由とは?

答えは、

お腹をすかして泣いていた子どもに「僕のバナナをお食べ」と声をかけたところを鬼女に見つかり通報された

が、正解でした。
みんな、わかったかな?

じゃぁおめーら夏休みの宿題さっさとやれよな!
あとラジオ体操はサボらず行けよ。

ということで本日はここまで。
今回も読んでいただき、ありがとうございました。


久しぶりにポエムでも

あのころ君のお気に入りだった
12年物のシングルモルトと
線香代わりの両切りのピースと
他にあるのは
もうマヨネーズだけ
咲き誇る5月の桜は
悲しいほどにあふれんばかりで
いつだって遅すぎた僕達の
足元をぬらした
最後の夜に君が残した
ちくわのリコーダーは
もうずっと行方がわからない
おそらく犬に
食べられたんだと思うけど


とある汚らしいオッサンの休日

まぁただの日記なんですけど。誰得日記です。

今日は5時くらいに起きて、本読んでました。なんだか早く目が覚めたんです。 昨日ビール飲んでたら知らん間に風呂も入らず寝てしまったのです。おっさんにはよくあることです。
ところで若いころは3日くらい風呂にはいらなくても、うぇwっwなんかあせくせぇwwwって笑って済ませることもできたんですけど、30代も半ばになると、3日も風呂に入らなかった日には体からゲロのような香り が漂って来ます。まったく年を取るというのは悲しいことです。いや3日も開けないけど。さすがに入るけど。

で。読んでいたのは村上春樹の「海辺のカフカ」 むか~し読んだことがある本なのですが、最近ちょっと読みたくなって、ここ最近読み返してました。面白いですね。ホシノさんとナカタさんのパートが好きです。

そんで、8:30分からは某番組を見てました。日本中の大きなお友達が、今日は大いにもりあがったのではないでしょうか。ぽえみーも泣きながら見てました。プリキュア。

そんでしばらく放心状態に入りほげーっとしていたのですが、アンニュイなモードから抜け出すことができなかったので街の図書館でCD借りてきて、帰りに「NHK俳句7月号」を買って来ました。まれに俳句読みたくなるんです。咏む方はさっぱりなんですけど。読んでるだけでも楽しいものです。ましてや7月号となれば夏の句がたくさんですからね。まぁそんなわけで「大公トリオ」を聞きながらNHK俳句読んでました(照)

正直、あんまり教養があるほうじゃないので古文なんかはちんぷんかんぷんですが、俳句は意外と楽しめます。添削のコーナーなんかも面白いです。添削前後で、あー、たしかに良くなってる!というのがわかってなんだか面白いです。

午後からはPCのバックアップを取りました。最近長くとっていなかったので。新規に購入した2Tのディスクを内蔵、そしてイメージバックアップ。今は簡単にイメージバックアップ取れるソフトがフリーで幾つかあって便利ですね。今回、EASEUS TODO Backup のフリー版を導入しました。スケジュールで差分バックアップとかもできるし、自宅用のバックアップならこれで十分っぽい。

すごくどうでもいいんですが、 EASEUSのホームページをGoogle翻訳でみると「EASEUS 藤堂バックアップ」になってます。なんだか強そうです。

そして、かれこれ15年くらい前?から使っていたcgiのBBSをこのサーバーのどこか(笑)に移設しました。見ても楽しいものではないので探さないでください。そのBBSは、がくせーの時に、友だちとの連絡用に学校の卒研室のLinuxサーバーで動作させていたものを、卒業前にプロバイダのHPスペースに移設し、10年以上だらだらそのまんま動かしていたものなんですが、書き込みは9割くらい自分で、書き込みと書き込みの間が年単位で開いていたり、今ではもう誰もみてねーだろっていう、もうどこまでもしょっぱいBBSです。データもそのままに本日移設しました。なんか移設作業してたらしょっぱすぎてスーパーめらんこりっく状態です。なんで俺こんなことしてるんだろ。でもなぜか削除はできない。うーん・・・

まぁそんなわけでやり場のないモヤっとした感覚を、モヤットした日記に残すことにしたわけです。オチも何もありません。読んで下さった方はお疲れ様でした。そしてありがとうございます。


数学ガールとおたまじゃくしとGoogle関数グラフ

こにゃにゃちわ~!

突然ですが、今日はGoogle関数グラフで、上記のようなら「おたまじゃくし」を描画する方法について、もっぱらドヤ顔で解説しようと思います。

Google関数グラフ(正式な名前かどうかしらんけど)っていうのは、Googleで数式を検索すると、そのグラフが表示される機能のことです。ためしに、 y=sin(x) とかでぐぐってみるとよろしいかと思います。いわゆるsinカーブがトップに表示されますね。

ぽえみーも最近までGoogleにこんな機能があるのは知りませんでした。ここ一年くらい前から、結城浩先生の「数学ガール」という本がちょっとしたお気に入りでして、時間があるときにちょくちょく読み進めています。難しい内容を扱っているの半分も理解できているかどうか・・・なのですが、理解できない部分があっても楽しめるようになっています(そして理解できるとなお楽しい!)。内容はというと、数学オタクでヘタレな主人公「僕」が、数学好きな女の子たちとキャッキャウフフしながらリア充ライフを送るという変な物語です。延々何ページにもわたって数式の展開が入ったりしてますが、ともかくジャンルは「小説」らしいです。無茶してます。まぁそんなわけで、読んでると式の展開でどうしてこうなるのか、どうにも解らない部分があって、とりあえずググれば出てくるだろう・・・とググってみたらいきなりグラフが出てきて、なんじゃこりゃ!と思ったわけです。こんな機能あったのかぁ。ちょっと前に話題になってたみたいです。乗り遅れた!くやしい!けど、廃れたネタを延々引っ張るのは大好物です。ここは張り切って行かないといけません。誰も求めては居ないと思いますが、上記おたまじゃくしについての解説をダラダラと述べようと思います。数学ガールとか全然関係ありません。無理やりタイトルにいれてみましたが、まちがって本のタイトルで検索した人が迷い込んできたらラッキーだなぁと思って。一種のSEO対策です。大人のやることはいつだってずるいです。ともかく行きますよ!

 まずは円を描く

まずは円を描いてみましょう。半径1の円の式といえば

です。これ習ったの中学?高校?よく覚えはありませんが、いわゆる「三平方の定理」が理解できていれば、この式に当てはまるxとyをプロットしていくと円になる・・・というのはイメージが湧くと思います。さて、この式をそのままググることが出来ればいいのですが、それだとグラフは表示されません。残念ながら、y= の式に置き換えないといけません。そうすると


こうなります。
ルートについてはsqrt() という関数が使えるようですが、プラスマイナスについては表現する方法がわかりません。仕方ないので、プラスの方だけの式をぐぐってみます。
y=sqrt(1-x^2)

当然ながら、半円が表示されます。コレは困った・・・
だったら、式を2つでググってみたらどうなるでしょうか?

y=sqrt(1-x^2), y=-sqrt(1-x^2)

すばらですっ!
ともかく円が描けました。このGoogle関数グラフは仕様とか使い方がどこにかいてあるのか探したんですがほとんど見つかりません・・・こうやって手探りでやっていくしかありません。

話がちょっと横道にそれますが、このように複数のグラフを一度に表示できるというのは、そうでない場合に比べてずっとすばらです。それはなぜか? 複数の式の関係を確認することができるからです。 簡単な例で、 y=x, y=x^2 と検索してみましょう。放物線と直線が表示され、交点が2つあることが確認できます。仮に、同時に表示できるグラフが一つしかない場合、「あーこの式のグラフはこんななんだぁ」って眺めるくらいしか出来ません。しかしこのように複数の式を同時に表示することができれば、使用出来る局面がずっと多くなりますね。式を解かなくても、あーこのへんで交わるんだ!とか、あー、こっちの式のほうがあらゆるxで大きい値になるんだ・・・とか、見ただけでわかりますからね。ソフトを作っている人は、当然そういう使い方を想定しているのだと思います。仕様には必ず理由があります。ソフトをいぢる際、なぜこういう仕様にしたのか?製作者の意図は?と考えるのは楽しいことです。そして人の作ったプログラムを解析するときは「意図」を読み取ることが非常に重要になります。自分の作ったプログラムでさえ、なぜそのように作ったのか思い出せないことは非常に多いのですが・・・
脇道終わり。次いきましょう!

しっぽで悩む


おたまじゃくしの尻尾をsinカーブで描こう、というのはワリと単純な発想でしたが、ここでつまずきました。だって、y=sin(x) [x<=0] みたいにx の範囲を指定することができればいいんですけど、いろいろ試してみたもののそのような範囲指定はできません。そうするといい感じに尻尾にはなってくれませんからね。しかたないので、うまい具合にxが特定の値の範囲・・・たとえば正の場合とか、負の場合とか、そういうときだけ値がある式を、Google関数グラフで使える機能で表現するにはどうしたらいいのか? この問題について、正直30分くらいは真剣に考えました。我ながらけっこうな暇人だと思います。
xが正の場合だけ値を取るといえば、やはりルートの式なんかがまっさきに頭に浮かびます。あとはlogの式なんかもですが、ルートの式が簡単そうな気がします。何かの式でルートを取れば・・・考えた挙句

これ!
ルートをとれば
y=sqrt(x/abs(x))

すばらですっ!
ここまで来れば勝ったも同然。あとは符号を逆にして、sin(x)と掛け算してやれば
y=sin(x)sqrt(-x/abs(x))
これでググると、上記「しっぽのグラフ」を得ることができます。

合体!

円のグラフは中心軸を(1, 0) にずらして、尻尾の式と合体させます。

y=sqrt(1-((x-1))^2), -sqrt(1-((x-1))^2), 0.5*sqrt(-x/abs(x))*sin(2x)

やっとらぶりーなおたまじゃくしが完成しました。
はい、これで、一仕事おしまい(ミルカさん)

別に高度なことをやっているわけではないのですが、謎の達成感!
楽しいものです。

こんなの

も、けっこうなドヤ顔でもって最近ついーとしたばかりなのですが、なんと全く同じ数式が去年の12月頃に他所様のブログに掲載されているのを見つけてしまいました。軽くショックを覚えつつ、なんというかやっぱり人類っておっぱいだよね!と感動しました。ちなみにこの式だとビーチク部分がオパーイから少し浮いています。つまり、接していません。拡大するとわかります。めんどくさいからそんなとこ調整しません。まったく同じ発想です。アンタも手抜きしたのかよ!俺もだよ。面白いですね。
http://matome.naver.jp/odai/2132323411004254401
ここにいろいろ乗っているので、興味ある人は見てみるといいと思います。
あー、長かった!疲れた。寝ますよ俺は。

なお、記事中の数式は
https://matw.co/
こちらのページで作成させてもらいました。とてもすばらなサービスなので利用しましょう!楽しいなぁっ!


ばりうむ!

生まれてはじめてバリウム検査なるものを受けてきました。話にはよく、アレは嫌なものだと聞いてはいたのですが、何がそんなに嫌なのか、バリウムなるものはそんなにも不味いものなのか? 飲んだことなかったので正直あんまりピンとこなかったのですが、なるほど確かにあんまり愉快なものではないのがよくわかりました。

まず炭酸。アレは意外に面白いです。シュワシュワっとして。コンビニとかに売ってたらいいのになぁ、あの白い粉。それはともかく「コレさっさと飲んで」みたいなノリで(何かの嫌がらせかと思うような小さいコップの水と一緒に)渡されます。飲むの失敗したらどぉしよぉ・・・とか一瞬頭を過るんですけどそんなこと顔に出すの恥ずかしいので、ははは、余裕ダネみたいなノリでともかくごっくんします。しかし「げっぷをしてはいけませんよ」と念を押されているせいで、よくわからなくなってとりあえず息を止めます。苦しくなります。なぜ苦しいのか!?息を止めているからです。おかしい・・・ああそうか、呼吸はしてもいいんだ・・・で呼吸します。しゅわしゅわする。このあたりですでに冷静ではありません。

そんで機械に寝転んでうぉぉぉんってよくわからないうちに持ち上げられ、あれよあれよという間にバリウムをごくごく飲んでるわけですけど、あれって不味いとか飲みにくいとかいうことよりも、「心理的に抵抗があるものを、自らの行動でもって、なんだかよくわからないうちに、とにもかくにも飲まさせられてしまう」というあのシチュエーションこそが恐ろしいです。なるほど、人を従わせるときに考える隙を与えないというのは有効なテクニックだなぁ・・・とかなんとか冷静なようで全然冷静じゃないことを考えていたら、じゃあ右向きにくるっと回転してくださいとか言われます。このあたりですでに「右ってどっちだっけ」状態です。それでも、回ります。ともかくまわる。うつ伏せなって~ はい次仰向け~ 次は右の腰を少し浮かして・・・とかそんなことを、ぐらんぐらんと動かされる撮影台の上で延々続けているうちに、右がどっちで左がどっちで、仰向けっていうのは上なのか下なのかだんだん良くわからなくなり、自分は誰で地球はなぜでどうして自分は生きているのか、そもそも本当に自分は生きているのか、この儀式はひょっとしたら永久に続くのではないか、と妄想に囚われるようになりつつも、ともかく体は言われたとおりに動いてるみたいです。大したものです。

そろそろ諦めがついた頃に機械から降ろされるわけですが、放心状態から帰ってくるのにしばらく時間がかかりました。なるほど確かにバリウム検査というのはなかなかに過酷なものです。せめて終わりまで何ステップあるのかどこかに表示しておいてくれたら、もう少し正気が保てるんじゃないかという気がします。

そういえば坊さんのお経も、これってなにかの手違いで永久に続くんじゃね?と思えてくるときありますね。どっかにプログレスバー出てないのかと一瞬頭をよぎります。あったらいいんですけどね。終わりが見えないものというのは不安になります。ソフトのUI設計においても、待ち時間がかかる場合は進み具合を表示することは基本ですし、まぁラウンドガールを歩かせろとまではいいませんが進捗具合とあとどれくらいで終わるかはちょくちょく言ってくれたらいいのになぁ。と思いました。

あ、あと関係ないですが心電図とるときにおt


夏はいろいろ壊れるのが嫌

ついさっき、いわゆる瞬電みたいなのがあって。ネットワークドライブにアクセスできないので、黒箱確認したら、電源が落ちてまして。普段ほとんど存在わすれてたんだけど、あぁ電源入れなきゃってなにげに触ってみたらあっちぃ! ファンが動いていないみたいです・・・

使い出して5年だか6年だか忘れたけど実に安定して動いてましたが、いつからか不明ですがファンがぶっ壊れたみたいです。軸がダメになったんですね。交換してる人もたくさんいるみたいなので、明日にでもファン買ってきて交換しようと思います。

暑くなってくるとやっぱりいろいろ壊れやすくなるので、そろそろ古くなってきたかなぁってデバイスを使ってる方は本格的に夏入りする前に早めにバックアップとっておいたほうがよさげです。パソコンがたちあがりませんふぇぇぇぇ!って電話がこの時期にはよくかかってきます(実は今日も一件あった)

どうでもいいんですがこの前お客とこいったら、パソコンに「何かあったらとりあえずここに掛ける」みたいなノリで俺の携帯番号貼っつけてあって、ぶん投げてやろうかと思いました。嘘ですすみません。たよりにしてもらえて嬉しいなぁ。

せっかくブログ書けるようにしたので無理やりひねり出したようなネタでした。