タイトル未定・5月某日

何しろウチはクソ田舎なもんで、今の時期はよく田植えを見るんだけどね。あれって何かいいよね。5月のテラッテラに光ってる水田に可愛い苗がずんずん植えられてくの見てるとさ、なんかなごむじゃん。まぁ自分でやりたいとは思わないけどさ。見てる分には楽しいよね。
そんでさ、田植機ってあるじゃん。つまりイネの苗を水田に移植する農業機械であるところの、田植機の話なんだけどさ。あれてスゴくない?
コメの苗っていうあんな不確かなものを、機械が均等に、ひたすら均等に植えていくじゃん。よく作ったよねあんなの。実用化は1960年代って。スゴいね。マジ穏やかじゃない。
でさ、そもそもなんであんなめんどいことをしなきゃいかんの?って話。いちいち苗を植えなくてもさ、タネ直接うえたらえーやん。
なんでわざわざ苗を植えるかって言うとさ、タネ(つまりコメ)なんて蒔いたらさ、スズメが全部食べちゃうんだってwww ヤバイよスズメ超ワルいヤツじゃん。まーそんなの農業に関係してる人にとっては常識なのかもだけど、ぼかーついさっきたまたま新聞で読むまでそれ知らなかったんスよ。ビックリです。

つまりさ、
タネ植える⇒スズメに食べられる⇒苗にしてから植える⇒超大変☆腰ヤバイ⇒田植機作っちゃいました

こういうことじゃん。
誰も「スズメを殲滅しよう」とか思わなかったんスかね。まぁ生態系とか色々ムズカシイこともあるんだろうけどさ、多分あれだよね、あいつらカワイーじゃん。ちゅんちゅん鳴くしさ。あれを殺っちゃうのはちょっとムズいよねー。

あれで見た目が汚いオッサンみたいでさ、鳴き声も「オエッゲヘっプへァッっ」って感じで吐くの?吐かないの?って周りの人をハラハラさせるオッサンにありがちな朝のエヅキみたいなだったらさ、間違いなく殲滅されてると思うんです。社会的に殲滅されそうな勢いの俺が言うんだから間違いない。まったくもう可愛いっていうのは大事なことです。つまりヤンマーとかクボタとかさ、そのへんの人たちの生活のある程度は、スズメの可愛さに支えられてると言っても過言ではないと思うんだよね。

そんな田植えですが、最近はイネじゃなくてタネを直植えする技術も実用化が進んでいるんだって。タネを鉄粉と石膏で保護した「鉄コーティング米」って言うの。超食べにくくてスズメも涙目。なんか切ないね。こっちが本格化したらもう今みたいな田植えの風景も見られなくなるってわけだ。

どうでもいいけど「鉄コーティング米」ってなんか響きがカッコいくない?
「鉄コーティング♥まい」だったら80年台前半のOVAっぽい。なんか時々おっぱいとか見えてそうなさ。 いやどーでもいいんだけどさマジで。

そんなわけで、今日の話はこれでおしまい。あいかわらず特にオチとかありません。スズメも涙目、これが言いたかっただけじゃなくもない、と言ったらウソになるかもしれないね。
じゃ、最後まで読んでくれてありがと。よい週末をね。バーイ。