ごみの分別について考える

思うんですが、今ってゴミの分別ルールがちょっと複雑過ぎませんか?
どう分別していいのかしょっちゅうわからなくなります。

とくにややこしいのが紙とプラスチック。
紙はティッシュとかばっちいモノは燃えるごみ、包装紙なんかは資源ごみ、新聞や雑誌やダンボールは資源回収。プラは、CDなどのプラスチック製品なら燃えるごみ、製品を梱包していたプラの容器なら資源ごみ。製品なのか梱包に使われていたものなのかで扱いが違う上に、いくつかの例外もあるのでなおさらわかりにくいです。

たとえば、こんな場合はどうなんでしょう?

クッキーを包むためのプラ製の袋を、100枚1セットくらいで販売したとします。
クッキー屋さんが、作ったクッキーを売るためにこの袋を買いました。
クッキー屋さんが手にしている段階ではこの袋は「製品」であり、「製品を包装していた容器」ではありません。ですから、クッキー屋さんがこの袋はやっぱりいらないなーと思って捨てる場合、分類上は「燃えるごみ」になります。

さて、クッキー屋さんが焼いたクッキーをこの袋にいれて販売しました。このクッキーを買った人からみればこの袋は「クッキーという製品を梱包していた袋」ということになるので、捨てる場合の分類上は「資源ごみ」になります。

実際に使われることで、「燃えるごみ」から「資源ごみ」へ、まさかのクラスアップを果たしてしまうわけです。こんなのおかしいよ!

どんな事情があってこんなルールになっているのかさっぱり理解できません。

ただ一つ言えることは、こんなくだらない屁理屈をグダグダと考えて喜んでいるタイプの人間は、かしこぶってばかりいるばかりで仕事では全く使えない奴であると考えて間違いないということです。せいぜい「社会のゴミ」に分別されないよう、気をつける必要があると思います。


最近よくたべるもの(おうち編)

納豆

安い。そこそこ日持ちする。
調理が不要で、とりあえずこれだけあればご飯が食べられる。
しかも体にもいい。
極めて優れた食料。
ただし容器などのゴミを適切に処分しなければ臭くなるので注意が必要。
よく食べるのはフタをパキっとやるとタレがかけられるタイプの「におわなっとう」
週に10食くらい。

セブンの「スモークタン」

63gいり。200えんくらい。これ1パックで2食はいける。
調理不要でおかずになる。日持ちもそこそこ。
コリコリしておいしい。ご飯にもパンにも野菜にもよく合い、おつまみにもなる。非常に優秀。
肉をたべたいけど調理はめんどいなぁってときなどに適。
ただし加工食品をあまりに日常的に食べるのは健康面で少し気になる。

サッポロ一番(みそ)

ごはんを炊くのがめんどくさいときは基本コレになる。やはり揚げ麺のウマさはすばらしく、ノンフライタイプのインスタント麺なんてまるでお話にならない。定番はやはりコレ。

カットキャベツ

コンビニ等で100えんくらい。
生でムシャムシャ食う。
まれにコールスローを選択する(ところでコールスローってなんなのか未だによくわからない)。
前述のサッポロ一番にぶち込むのもアリ。
ところでカットキャベツを袋から手づかみでお皿に出すときに、ポロポロこぼれるのがちょっとだけ憂鬱になる。手にもくっつくし…
日持ちしないので2食くらいで早めに食べる。

もずく

すっぱい。

 


タイトル未定・5月某日

何しろウチはクソ田舎なもんで、今の時期はよく田植えを見るんだけどね。あれって何かいいよね。5月のテラッテラに光ってる水田に可愛い苗がずんずん植えられてくの見てるとさ、なんかなごむじゃん。まぁ自分でやりたいとは思わないけどさ。見てる分には楽しいよね。
そんでさ、田植機ってあるじゃん。つまりイネの苗を水田に移植する農業機械であるところの、田植機の話なんだけどさ。あれてスゴくない?
コメの苗っていうあんな不確かなものを、機械が均等に、ひたすら均等に植えていくじゃん。よく作ったよねあんなの。実用化は1960年代って。スゴいね。マジ穏やかじゃない。
でさ、そもそもなんであんなめんどいことをしなきゃいかんの?って話。いちいち苗を植えなくてもさ、タネ直接うえたらえーやん。
なんでわざわざ苗を植えるかって言うとさ、タネ(つまりコメ)なんて蒔いたらさ、スズメが全部食べちゃうんだってwww ヤバイよスズメ超ワルいヤツじゃん。まーそんなの農業に関係してる人にとっては常識なのかもだけど、ぼかーついさっきたまたま新聞で読むまでそれ知らなかったんスよ。ビックリです。

つまりさ、
タネ植える⇒スズメに食べられる⇒苗にしてから植える⇒超大変☆腰ヤバイ⇒田植機作っちゃいました

こういうことじゃん。
誰も「スズメを殲滅しよう」とか思わなかったんスかね。まぁ生態系とか色々ムズカシイこともあるんだろうけどさ、多分あれだよね、あいつらカワイーじゃん。ちゅんちゅん鳴くしさ。あれを殺っちゃうのはちょっとムズいよねー。

あれで見た目が汚いオッサンみたいでさ、鳴き声も「オエッゲヘっプへァッっ」って感じで吐くの?吐かないの?って周りの人をハラハラさせるオッサンにありがちな朝のエヅキみたいなだったらさ、間違いなく殲滅されてると思うんです。社会的に殲滅されそうな勢いの俺が言うんだから間違いない。まったくもう可愛いっていうのは大事なことです。つまりヤンマーとかクボタとかさ、そのへんの人たちの生活のある程度は、スズメの可愛さに支えられてると言っても過言ではないと思うんだよね。

そんな田植えですが、最近はイネじゃなくてタネを直植えする技術も実用化が進んでいるんだって。タネを鉄粉と石膏で保護した「鉄コーティング米」って言うの。超食べにくくてスズメも涙目。なんか切ないね。こっちが本格化したらもう今みたいな田植えの風景も見られなくなるってわけだ。

どうでもいいけど「鉄コーティング米」ってなんか響きがカッコいくない?
「鉄コーティング♥まい」だったら80年台前半のOVAっぽい。なんか時々おっぱいとか見えてそうなさ。 いやどーでもいいんだけどさマジで。

そんなわけで、今日の話はこれでおしまい。あいかわらず特にオチとかありません。スズメも涙目、これが言いたかっただけじゃなくもない、と言ったらウソになるかもしれないね。
じゃ、最後まで読んでくれてありがと。よい週末をね。バーイ。


梅雨晴間

窓からはプロペラの音梅雨晴間

梅雨時のある日、めずらしく天気がよかったので窓をあけて外の空気を入れていたところ、生暖かい風にまざってヘリコプターの飛ぶパラパラパラパラ…という音がどこからともなく聞こえて来ました。そんな情景を詠んでみた一句です。
どんなもんでしょうかねぇ。

ぽえみーは正直あんまり教養があるほうではないので、古文や短歌、文学なんかもあまり理解が深い方ではない、というかむしろちんぷんかんぷんなのですが、俳句については昔から微妙に興味があって時々雑誌をパラ見したりしてます。古文や歴史がわからなくても、案外楽しめるものです。歳時記(季語の辞典みたいなもので、季語ごとに代表的な俳句の例も乗っています)をパラ見するのも楽しいです。普段から手持ち無沙汰な待ち時間をよく過ごす人は、ぜひカバンに一冊いれておくといいと思います。じじくせぇwwwと思われるかもしれませんが、意外と楽しめるものです。ぽえみーとて、年がら年中「キュアダイアモンドたんはぁはぁ!!」とか言ってるわけではないのです。

そういえば昔、個人運営の俳句添削サイトですごくいい感じのところがありました。そこの先生がめっちゃ毒舌で、「あなたの俳句は救いようもありません。しねばいいのに」みたいなノリでした。随分前にそのサイトはなくなってしまったんですけど、あそこの先生まだ元気にしてるのかなぁ。好きなサイトが無くなってしまうと寂しいですよね。そこの人達がどうなってしまったのかもわかりませんし。
そのサイトに投稿されていて、先生が超ベタ褒めしてた句を紹介します。今となっては詠み人知らず、ですが・・・

炎天に古家こわす土煙

ぽえみーもこの句は大好きです。
夏になりますねー。


一周年

このブログも気がつけば開設一周年です。
早っ!
記事少なっ!!
もともとWEBとかLinuxとかのお勉強用に立てたサーバーでしたが、今となっては何のサイトかやってる本人にすらよくわからん超零細ブログになってしまいました。
この先どーなるの。しぬの?

まぁ、今後はあんまし「面白いこと書こうぜ!」とかこだわらず、どーでもいいこと書きながらぼちぼち更新していく方向で続けて行こうと思います。もとよりしょーもないことしか書いてないんだし。


褒め上手

今日は、久しぶりに美容院で髪を切ってもらってきました。眉毛を整えてもらっている時に美容師さん(男性)が「ぽえみーさん眉毛の形が整ってて良い感じッスね、羨ましいッス」って褒めてくれたんですよ。
なにしろ眉毛を褒められたのは生まれてはじめてのことだったので(しかも男に)、微妙に嬉しかったです。ちょっぴりキュンって来ました
ところで以前、褒め上手になるためのハウトゥー本みたいなのをぱら見していたところ、「相手に褒めるべきところが見つけられない場合、とりあえず相手のネクタイを褒めるのが無難かつ有効なテクニックです」みたいなことが書いてありました。つまり「あなたのネクタイ、素敵滅法ね!」なんて言われたら、それは「おめーは褒めるべきところが何一つ見つからないクソムシ。急いで氏ね」という意味ですから、これを言われた場合、真に受けたりせず冷静に相手との距離を取るべきだと思いました。褒める側の人も、そんなマニュアルを鵜呑みにしたら酷いことになりかねないので注意が必要です。上手に気持よく褒める、褒められるのはなかなか難しいものですね。

そんなわけで、このブログにもいわゆるグッジョブボタンみたいなのをやっつけで追加してみました。押してもカウントされるだけで特に変なことはおこりませんので、まぁ気が向いたらポチポチやってってください。ぽえみーは褒められるのが大好きだぜ!


キーボード(完結編)

くぅ~疲れましたw これにて完成です!

写真だとあんまりわからないかもしれませんが、実物は(掃除前に比べると)メチャクチャキレイになりました。

「キーボードはバラす前にデジカメでとっておくと戻すときに簡単」ってネタはどこのサイトにも載っていることなので今さらドヤ顔で書くほどの内容でもないんですけど、いざ組み立てようと思った時、やっぱり写真ないと困りますね。見ずに打てるからといって、キーの配置をアタマで覚えているのとはどうも違うようです・・・

洗ったキーは2日も干しておいたんですが、中にしっかり水が溜まったままでした。

表面張力でなかなか水が下に落ちません。乾かすときは工夫したほうがよさそうです。今回は埒があかないので、ティッシュでコヨリを作って1つずつ水をフキフキしました・・・112個は地味に辛かったw 一日にこんなにたくさんコヨッたのは多分生まれてはじめてです。

さて、これにてスッキリ、打ち心地も快適です!
しかしこんなめんどくさいことに時間をかけるくらいだったら、気に入ったキーボードを探してきて買い換えたほうがマシだと思います。汚い物をキレイにすることに無上の喜びを感じる属性の人以外にはオススメ出来ません。
気に入ったキーボードを見つけたら、予備で3個くらい買っとくのがいいと思いました。


キーボード(10年物)

いいですか。

今日の記事はちょっち「汚い」です。主に視覚的に、「汚い」です。
汚いの苦手な人、潔癖症の人、お食事中の人、ぽえみーに過度な期待を抱いている人(笑)は即刻ウィンドウを閉じてください。

いいですか。

いきますよ・・・・・・・・・・・・

 

 

さて。

画像の物は、ぽえみーがかれこれ10年以上(多分)愛用している安物のキーボード。見ての通りばっちぃですが、最近入力した感触がねっちゃこねっちゃこして非常に気持ち悪いです。さすがに換えようと思い、密林で安いのを買ったのはいいんですが、どうもこう、キーボードが変わっちゃうとダメになる人なので、どーにも落ち着きません(今は新しいキーボードで書いてるんですが)。

仕方ないので、本格的に掃除することにしました。
ここからが本番です!
行きますよ・・・

 

うぉおおおおおきったねえええええええええwwwwwwwww

よく携帯やキーボードなんかは便座よりも汚いとかって言われていますが、比較するのも失礼。どうあがいても便座に勝ち目はありません。

あんまりむかついたので、消毒も兼ねて(笑)塩素系漂白剤でジャブジャブやってやりましたデス!

黄ばみまではなんともなりませんでしたが、まぁ一般的な便座に比べたら随分マシなレベルにキレイになりました。あー清々しいw

乾燥したら組み立てますが、コレちゃんと動くのかなー(笑)
みなさん、たまにはキーボードもそうじしましょうね!


りーまんトーク。

「やぁごっしーさん、見積りありがとう。あのスペックでPC追加するわ」
「 お、ありがとうございます!じゃ早速手配を」
「あ、そうそう」
「はい」
「アンチヴァイラス 入れといて」
ヴァ!?
「ん?
アンチヴァイラス、入れといて」
「あ、あぁあ、はい、アンチ・・・ゥ・・・・ 、追加しときますね・・・・・・」

・・・・・・・・・・

ヴァイラス入りましたァァァ!!!
シェアァ!! ドンドンドンパフパフパフ!! イッキ!イッキ!!!
ぴゃあああああああああ~~~・・・・・・・・・

(↑脳内)

ってかさー、ついこの前まで普通にアンチウィルス言ってたやないですか・・・
何があった・・・

さて。
年末ですね。 年末といえば忘年会。
職場の忘年会もあれば、仲間内の忘年会もあるわけですが、社会人になってからというものリーマンどうし集まって酒を飲んだらたいてい仕事の愚痴の言い合いです。
しかし騙されては行けません。リーマンの愚痴トークは、合間合間に如何にして自慢話をねじり込むかの戦いなのです!上司の無能やら社会の理不尽を嘆きながら「おれっちこんな案件回しちゃってんだけどさぁ」みたいな話を要所要所に盛り込む!盛り込む!!自分のトークをつまみにして、いかに美味しく酒を飲むかがポイントなのです。
まったく小市民は最高だぜ!

えーっと、ちなみにぽえみーは年末年始何も予定ないです。
ぼっち酒でも楽しもうと思います。


落ち込んだ時、辛い時

落ち込んだときは、まず風呂に入ります。
かったるくて何もしたくないときは風呂に入るのもめんどくさいですよね。 でもダルい時には少しだけめんどくさいことをやると、少しだけ気持ちが前を向きます。
あたまのてっぺんから指の先まで丁寧に、いつもより時間をかけて洗いましょう。特にアタマは念入りに。シャンプーで頭皮を念入りにマッサージします。アタマの血行が良くなって スッキリした気分になります。
部屋はややエアコンを強めにして冷やしておきましょう。
お風呂から上がったらパンイチになり、おもむろに布団にダイブします。そして僕はラッコ!ラッコなんだあああぁぁぁ!!!と叫びながらタオルケットを体にぐるぐる巻き付けます。
コンブ!コンブだいしゅきいいいいぃぃぃぃそしてタオルケットはコンブになります。どんどんラッコになります。ラッコの言葉で思考するのがポイント。クッションとかあればお腹にのせましょう。これを石に見立てて貝割りプレイを楽しみます。ぱしぱしぱしぱし!なにこれめっちゃ楽しい!
ひとしきりラッコソロプレイを楽しんで十分にテンションがあがったら、全身のチカラを抜いて静かに目を閉じます。ゆっくりと呼吸をします。あなたは今たった一人で海の上。果てしなく水平線が広がり、青い青い空には白い雲と太陽が浮かんでいます。波が優しく体を揺らします。
広い海にひとりきり、だけど少しも寂しくありません。お腹に巻きつけたコンブが頼もしく感じます。陽の光が心地よくまぶたを暖めます。今から何をしようかなぁ。夜までずっと波に揺られていようかな。お腹が減ったら貝を食べたらいいんだし。ああ幸せだな。明日もきっと幸せだな。コンブがあって嬉しいな。嬉しいな・・・

ひとしきりラッコになった後は気分もスッキリ。人生の大抵の問題はコレで解決します。
これでダメなら般若心経でも唱えとけ。

特にオチとかありません。
なんだかぽえみーは疲れているようです。